スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AT社会

どうも中貝です。
貯金を貯めて早くマイカーを購入したい今日この頃。

最近、「アクセルとブレーキの踏み間違い」による事故が増えてるなーと感じます。
私の地元でも多いです。
そういうのを聞くと、MT車が少なくなってきたのかなと感じます。
確かにAT車は運転が非常に簡単ですし、なにより楽です。

私の両親は、高齢者ほどMTに乗った方が良いと言います。
なぜかと言うと、MTはやることが多いので頭がよく働きボケ防止になり、アクセルとブレーキを踏み間違えても急発進することは無いからだそうです。
そういえば、MT車はエンストするんでしたね。

科学の進歩は日進月歩。
でも、人間がそれについていけてないような気もします。
私も科学に遅れをとらぬよう、日々精進日々鍛錬の精神で過ごしていきたいですね。
はい。
スポンサーサイト

永史だよぬ

 眠いから早めに寝よう→腹痛い→起きる→日記更新←イマココ!


 たまねぎの食べすぎでお腹が痛い><

 それほど激しい痛みじゃなくて、弱いのがじわじわ来る感じのだから余計にタチが悪いね。

 みんなも野菜だからといって、食べすぎには気をつけましょう。



 今回は軽く本の紹介。

 ラノベはブログの方でやってるから、こっちでは一般向けのを中心にやってくつもり。

 今回は新潮文庫より『1000の小説とバックベアード』。


1000の小説とバックベアード (新潮文庫)1000の小説とバックベアード (新潮文庫)
(2009/12/24)
佐藤 友哉

商品詳細を見る


 特定の個人に向けて集団で書く「片説」。片説家として生計を立てている主人公木原は、ある日解雇を言い渡される。小説への卑屈な思いが拭いきれない木原。小説を書く才能があるのに、片説を書く「やみ」。「1000の小説」計画。失踪した片説依頼人。「日本文学」とは誰か。小説に関わるあらゆるものが錯綜する作品。


 と、あらすじは↑の通り。アマゾヌのレビューの中から拝借しました。

 筆者、佐藤友哉は永史が読む数少ない一般小説の中で、かなり前からお気に入り登録してる作家です。初めは助長に、しかし後半に進むにつれて味わえる異常なほどの疾走感や、「この人売れる気とか無いよね」と思ってしまいそうなほどの鬱々としたストーリーは、永史にかなりの影響を及ぼしました。


 で、この1000の小説とバックベアードは、タイトルやあらすじの通り「小説家」の話。

 片説家という不思議な仕事についている主人公が、「小説家」をめぐる事件に巻き込まれていくという話ですが、永史はこの作品を読むたびに、「自分はなぜ小説を書くのか」と考えてしまいます。

 歴史に名を残すわけでもなく、数多くの小説の中に埋もれてしまう自分という作家とその作品。なのになぜ、自分は小説を書くのだろうか。

「小説家」「小説」というテーマを持つこの作品には、こうした考えが込められています。おそらくそれは、筆者が持つ考えであるのかもしれません。

 そうして読み終わると、不思議と永史は小説を書きたくなっているわけですよ。どういう理由かは知らないけど、不思議とやる気というか、モチベーションが上がってくるんですよね。

 そんな経験、皆さんにもありませんか?



 というわけで、拙いながらも紹介はここまで。

 作品、または筆者に興味を持った人は、ぜひ読んでみてください。

足が痛ひ……あ、落語も

日を跨ぐ更新が続き、カトーも日を跨ぐべきかと思いつつ、

忘れそうなので時間のある今のうちに更新。

カトーです。


仕事でちょっと失敗した話を。

キャスター付きの重たいやつを、転がして運ぼうとしたんですね。

ただそれが、……何に例えたらわかりやすいかな。

えーっと、あれです。

壁際に設置してある消火栓の箱がありますよね。

屋内用の長方形で、少しでっぱっている。

間違って押さないようにボタンにカバーがついていて、

赤ランプもあるあれです。

ちょうどあんな形と大きさのものを運ぼうとしたんですね。


ただそれの重心が、片面の、それも上の方に寄っていたのです。


周りに一緒に重たいものが置かれていて、

それらに支えられて立っていることに、カトーは気付かなかったのですね。

で、

動かそうとしたら、あっけなく倒れてきまして、

とっさに手を離すこともできず、

ザリザリ(右腕がこすれる音)バターン(右足に倒れこんだ音)


ということで、

大変痛い思いをしました。

幸い、

赤くも青くもならず、

一晩シップを貼っていたら、

多少の痛みは残っていても、

気にならないくらいに収まりました。


(むしろ別件で打った向う脛や筋肉痛の方が痛かったりwww)

みなさんも怪我には気を付けましょう!




で、本日のオススメ本は、

「麻生芳伸」編の「落語百選 春」です。

落語百選―春 (ちくま文庫)落語百選―春 (ちくま文庫)
(1999/01)
麻生 芳伸

商品詳細を見る


百選と言っても、春夏秋冬の四巻構成で、

春には、二十五の落語が収録されています。

そも落語とは噺家に芸を交えて語られるものですが、

文章化されることで、

落語の奥行きや当時の風俗を、じっくりと噛みしめることができます。


前々から、時間が空いたときに、

一話ずつ読んでいて、

最近、読み終えたものです。

夏も終わりに近づいた今頃になって、

春を読み終わるのは、ちょっと失敗でしたかね。(‐_‐;)


↓落語に興味が出てきたらこちら

ハンバーガー

どうも、中貝です。
超深夜で日付も跨いでおりますが、日記です。

ご近所にマクドナルドのドライブスルーが開店するそうです。
あと一ヶ月もさきの話ですが、既に工事は始っています。
ヤバイです。
百円で一個かえるあのハンバーガーがご近所に現れてしまったら、私は確実にその魔の手に落ちるでしょう。

食べ過ぎに注意。
もしそうなる場合は野菜も多めに。
これを鉄則にしたいと思います。
はい。

永史だよぬ


 どもです。

 深夜に更新ごめんね! 永史です。



 シュタインズ・ゲートのアニメは全話終わるまで絶対に見ない! と心に誓っていた永史ですが、

 ついに欲望に負けてしまい、見てしまいました(´・ω・`)


 と言っても、ニコ動でまとめられてる各キャラの総集編だけなんだけどね。

 最近小説版の上巻を読み終わったばっかなんで、そのくらいは許してくんさい(=´ω`=)y─┛~~


 てか最近天気悪すぎだよぬ。

 雷が鳴るたびPCの心配しちゃう永史の身にもなってほしいわ……(´Д`;)


どうもっ!!!













最近の雨で私のずぶぬれ率がかなり上がってます。


雷もドゴドゴなって。ぎぃーちゃんは寿命が一日5年ほど減ってます……(゚Д゚)


もともと短い命が余計になってます。


きっと40になったときにはもう……。


雨なので最近の移動は公共交通機関でバスを利用しております。


不特定多数の人が乗ってくるので人間観察には最適だと思います。


満員じゃなければ…。





↓雨は好きだけど雨の日の満員バスは嫌いだなぁ('ω`)

あかん!!3

どうもっ!!!













またやらかしてます。


ぎぃーちゃんです('ω`)


そういえば私の作品を公開しました。


学生のときの作品なのでなんていう言い訳はいいのですが('ω`)


とりあえず、私の処女作です。


なんかすごくいやらしいですね(゚Д゚)


ということで何かあったら遠慮なく文句を言ってきてくださいな('ω`)






今日は短いけどここまでで(゚Д゚)





↓短くね?

雨空

大粒の雨が、いっぱい降ってきた朝。
なんとなく悲しくなるのは、私だけでしょうか。

というわけで、どうも中貝です。
そろそろ8月も終盤、夏も終わりに近づいているはず。
でも、まだまだ暑い日々が続きますね。
日射病、熱中症には十分注意を。

さて。私は毎日一時間ずつの散歩を三回ほど行っているのですが、
ご近所の方々と話をしているとつい立ち止ってしまうものです。
高齢の方が多いので、私のように若い人間はまるで実の孫か息子のように親しく接してくれます。
どこどこで何があった、今こういうことをしている。
当たり障りの無い世間話ではありますが、こういった交流やコミュニケーションが大事なのだと常々感じます。
その会話の中から、新しい発見があるかもしれませんしね。
こういったお付き合いを、大切にしていきたいものです。

ホイコーロー


ばんわです。永史です。


いつのまにか口の中を切ってしまっていたようで、頬の内側が痛い痛い。


それはともかく、最近久しぶりに自炊を再開しました。

仕事の時は疲れで面倒になって弁当な毎日でしたが、最近は野菜などをメインに色々作ったりしてます。


つってもサンドイッチとか、かなり簡単なものばかりですけど(´・ω・`)


しかしこうして自炊をしていると、調味料のありがたさがかなり身に染みますな。

料理のバリエーション的に考えても、調味料が違うだけで味もまた変わるから、色々じっけ……試行錯誤するのが実に楽しい。

面倒臭がりな永史はほとんど塩こしょうや焼肉のタレで済ませてしまうのですが、やっぱ同じ味ばかりだと飽きてしまいますしね。

最近はパンと合うようなものを中心に作ってます。



自作のサンドイッチとか、オシャレじゃない?


てっつがくぅー

どもどこも!

カトーでっす( ノ゚Д゚)


長くなりそうなので、今日は本の紹介だけです。


前々から、少しずつ読み進めていた、

『中山元』の『思考の用語辞典』を

思考の用語辞典―生きた哲学のために (ちくま学芸文庫)思考の用語辞典―生きた哲学のために (ちくま学芸文庫)
(2007/02)
中山 元

商品詳細を見る


ようやく、

ようやっと、

どうにかこうにか、

一通り読み終わりました!


いやー、大変だった。

「遊び」「熱いと冷たい」「アナロジー」…「イデア」…「鏡」……「論理」など、

五十音順に、百の項目があります。

中山さん風にいうなら、哲学素です。

サブタイトルに~生きた哲学のために~とあるように、

哲学の辞典であり、入門書です。

哲学とはこういうものだ。という本ではありません。

ギリシア哲学の語源をたどり、西洋哲学を中心に総ざらえして、

現代の哲学を一緒に考えていこう。という本です。


できるだけ、わかりやすく書いてくれていらっしゃいます。

ただなんと言っても情報量が多くてですね。

がんがん引用もされますし、

正直疲れます。

一気読みは難しい。

まあ私が浅学菲才なのでしょうが。


アリストテレス、カント、ソクラテス、デカルト、ニーチェ、フーコー、プラトン、フロイト、マルクス、

あたりは有名だし、

ウェーバー、キルケゴール、サルトル、ハイデガー、バタイユ、フッサール、ラカン、レヴィ=ストロース、メルロ=ポンティ、

なんかも名前を聞いたことはありますが、

ウィトゲンシュタイン、オルテガ、クリステヴァ、ドゥルーズ、バルト、ヘーゲル、ベルクソン、ボードリヤール、レヴィナス、

と徐々に怪しくなり、

もう覚えきれません。・゚・(ノД`)・゚・。
(上記もずいぶん有名どころが抜けてますが、書きすぎるのもアレなので勘弁)


まあ、大変でしたが実に面白い本で、

いろいろ考えさせられました。

一年おきくらいに何度も読み返せば、

その度に、

新しい発見がありそうな、充実した本でした。


↓哲学に興味が出た方は、ここをクリック

小説紹介

どうも、中貝です。
日記を読んでくださってる方々に、私のオススメの小説をご紹介いたします。



『ぼくらの七日間戦争』宗田理  (角川文庫)

夏休みを前日に控えたある日。
東京の下町にある中学校の一年二組の男子生徒全員が姿を消した。
彼らは河川敷にある工場跡地に立てこもり、“解放区”と名付けて大人たちへの叛乱を起こしたのだった。



中学生の時期って、なぜか先生や親がうっとおしく思ってしまうことがありますよね。
それは反抗期だったり他にも原因があったりするのですが。
この小説では、子供の良い部分と悪い部分、大人の良い部分悪い部分を時代風刺的な内容で描いています。
子供を縛っているのは大人だけども、大人も社会に縛られている。
それが良いとするのか悪いとするのかは、結局は本人次第
でも、その束縛が一方的で理不尽なものだったら?
勉強が嫌だった、先生が嫌いだった。あの頃は確かにそうでした。
今となってはなんでそういう考えに至ったのか、よくわかりません。

この小説は、そんなふわふわとした雲のような記憶を呼び起こす小説です。
興味のある方は、是非読んでみてください。
たぶん図書館などにも置いています。

気まぐれなヤツ

 どもですまたです永史です。


 この季節、当然暑くて扇風機をほぼ一日付けっぱなわけですが、時々窓から風がえらい激しく入ってくることがあります。

 もうカーペットめくれるわテーブルの上はめちゃくちゃになるわで、入ってくるのはいいけどもう少し部屋に気をつかってほしいもんです。


突風「べ、別にいいじゃないそんなの! 窓を開けっぱなしにしてるアンタが悪いんでしょ!」


 と気まずそうに視線を逸らしながら反論するツンデレな突風娘を想像してしまった永史は完全に暑さでやられちゃってますね。


 気付けば8月も中盤ですが、まだまだ夏は終わらなさそうです。




 俺の頭的に。

アカン!!2

どうもっ!!!






まぁ一回休んだわけで、とりあえずに二回目の更新もしておこうということで。


最近私の周りにBLが好きという人が意外にいることに、


気がつきました。別にそれが悪いとか良いとか関係ないんですけど、


いってしまえば同性愛。









以前バスに乗って、目の前の20代前半の青年二人組み。


普通の友達同士なんだろうけど、妙に距離が近い…。


バスから降りるときに気づいたけど、二人の小指が絡んでた。


仲がいいんだなぁって思いました。








特に私は同姓愛にこれといった感情はないんですけど、


いろんな表現があるわけで。男同士。女同士。


ホモ、ゲイ、レズ、百合、でも思ったのが、なぜいくつも呼び方があるのだろうか?


なんてことを思った日でした。




帰りに同じ二人組みをみたのは、また別の話。









↓同性愛を勉強するボタン。

あかん!!

どうもっ!!






ぎぃーちゃんです(゚Д゚)



昨日更新するつもりが、体調不良で寝込んでおりました('ω`)


自分の体の弱さに改めてびっくりしております……。


月に2~3回は高熱出してるぎぃーちゃんですけれども、




一日寝れば、大体60%まで回復します。




二日目だったら16%回復します。




自分の体のことは自分が一番知ってるわけです。




しかし改善がわからないのです……('ω`)









↓ぎぃーちゃんの体調が治るかもしれないボタン。

たまには変化球

『霞み月

 浮かぶ夏の夜

 蒸し暑く』




一句作ってみました。
全然うまくないですね。
すみません。

中貝でしたー。

作業用BGM

       ∧_∧
      (´・ω・` )  一週間が早いよ。永史です。
     O^ソ⌒とヽ
     (_(_ノ、_ソ


 最近作業用BGMとして、アニメ版バッカーノ! のサントラを聴いてます。





 作業用といっても部屋の掃除なんかする時がほとんどなんですけどね。

 永史としては、

 01『長い長い夢の中の宴~バッカーノ! のテーマ~
 23『うたかたの祈り』
 24『林檎の絵の上の落書き』

 この3曲がお気に入りです。

 特に『うたかたの祈り』なんかは、暇があったら再生する、みたいな中毒状態ですw


 興味があったら是非聴いてみてくだされ。


ストレッチジーンズ

はい、どーも(・⊿・)ノ

金曜しか更新しないカトーです。


世にいう『じぃんず』なるものを、

今まで敬遠しておりました。

まずあの固さがイヤで、

ポケットにはろくに物が入れられない、取り出しにくい。


なので主に、ゆったりした綿パン、スラックス、

ポッケの多いカーゴパンツ、

などを穿いておりましたが、


この間、初めてジーンズを買いました!


青いやつです。

でも固くありません。

ストレッチ素材が使われたストレッチジーンズです。

伸びます。

まあ、納得の穿きやすさ、

窮屈感もありません。

ほんと技術の進歩はすごいですね。


ただ、

買ったはいいものの……、

今まで敬遠していたおかげで、


ジーンズに合わせる服がほとんどないという罠wwwww

orz

今度は上も揃えなきゃいけませんね。



で、

以前も紹介した林トモアキ氏のラノベが原作の漫画があるのですが、


ミスマルカもマスラヲもわずか四巻目で完!

なんという打ち切り、

俗にいう、俺たちの戦いはこれからだ! エンド、

って人気なかったのかなあ。


まだ何の決着もついてないのに、

伏線とか投げっぱなしなのに、

(人気なかったんだろうなあ)


↓ちょっと切ないカトーを慰めるボタン

ファーストフード

どうも、中貝です。

バイト先の人は、みなさんファーストフードが好きです。
マクドナルド、モスバーガー、ケンタッキーフライドチキン。
主にこの三つなのですが、どの店もバイト先の事務所からは離れているので全部を買うことはできません。
なので毎回じゃんけんで決めるのですが、これがなかなか決まらない。
6回連続であいことかありました。どれだけ運を使っているのでしょうか。

まあ、私は決まったところのバーガーを美味しく頂くだけなのですけどね。(笑

めし。


  ∧_∧
  (  ´・ω・)   どもです。
  (っ=川o
 ̄ ̄`ー―′ ̄\



  ∧_∧
  (  ´・ω・)   今日はお金に余裕があったから、ちょっとご飯を奮発してみたよ。
  (っ=川o
 ̄ ̄`ー―′ ̄\



  ∧_∧
  ( ´・ω・)    お肉とか久しぶりに食べた気がするよ。
  (っ=川o
 ̄ ̄`ー―′ ̄\



  ∧_∧
  ( ´・ω・)
  (っ=川o
 ̄ ̄`ー―′ ̄\



  ∧_∧
  ( ´;ω;)   ブワッ
  (っ=川o
 ̄ ̄`ー―′ ̄\


道具の使い方。

どうもっ!!!









二連続ぎいーちゃんにも慣れたころですか?








仕事してるときは普段のことができないので、


休みの日にまとめてしております。が、


面倒というか、普段からしてたらいいんだろうけど、


それがなかかなかできない…。


時間の有効活用を改めて実感。


少し賢くなった気がします。


気がするだけです。





さてヽ(`Д´)ノ


頭の整理。


私の無限とも思える発想力を頭に溜め込むのは良くない。


何かを吐き出す意味でちょっとだけ書こう。


いや、なにを書くって言われると何も書くことは無いんだけど…('ω`)


ん!?何も書くことがない。


むしろ書くことが吐き出すことになるのか!?



なんてことを思った休みの日でした。



↓時間が有効活用できるようになるボタン


暑い('ω`)

どうもっ!!!







ぎーちゃんですよ(。=ω=)





今は一人暮らしをしてるんですけれども、


最近、出かけて帰ってくると、ものの配置が変わってるような気がするんですよね(。=ω=)


特にこれがこうっていうのはないんですけど、


何かきになるんですよね(。=ω=)





さてヽ(`Д´)ノ


今日も濡れちゃって、いい男になりました(・ω・`)


(ノ´∀`*)


最近のにわか雨?雷雨?夕立?には困ったものです(`ω') =3


ゲリラ雷雨でしたっけ?


横文字を使いたがる日本人っていうことで、



カタカナ表記が好きななんでしょうね。



この日記も「ヒトコトニッキ」に変更したほうが人気もでるんじゃないかと。



ひとり勘違いしてしまうほどです(`ω') =3


そんな面倒なことはしませんけどね。


ぎーちゃんの名前も。


ゲリラギーチャンに変更したほうがいいんじゃないかと…(・ω・`)


何か売れない芸人みたいなネーミングなのでやめておきます……( ・x・)









↓HPの名前もカタカナじゃん!! ツッコミボタン

発展

どうも、中貝です。
暑いですね。
夏ですものね。


さて、今日は午前中に某Y電気でテレビを買いました。
今までは私専用のテレビなんてなかったのですが、ついに念願叶いました。
32型のLED液晶画面、でも値段は四万とちょっと。
安いし綺麗で、聞こえてくる音もいい!
今後の生活がさらに充実していくこと間違いなしです。

徹夜でゲームとかしそうで、とっても怖いんですけどね(汗
そこはまあ、自分の自制心を信じたいと思いますです。
はい。


 はい土曜担当永史です。

 昨日今日とバイトが休みだったわけだけど、特にやることもないし外に出るには暑かったからほとんど自宅でゴロゴロしてました。

 体の痛みはすっかり無くなりましたが、明日からまた仕事だと思うと面倒くさいことこの上ないですわ。

 
 ということで今回はニコニコ動画からの紹介。
 




 ゆっくり実況プレイとしては珍しい、TRPGのゆっくり実況です。

 内容はTRPG「クトゥルフの呼び声」をやらない夫=GM、ゆっくり霊夢・マリサ・やる夫・きめえ丸=プレイヤーとしてプレイしていく感じ。

 最近はゆっくりのイラストが使われる中であえてのAAを使用しているのが印象的ですが、やはりキャラの濃い、というか濃すぎるプレイヤー達によるプレイが見ていて面白い。


 TRPGがどんな感じなのか、が見ているだけで分かるので、TRPGを知らない人、興味があるという人はぜひ見てみてください。


 

片頭痛の前触れ

はい、カトーです(>Д<)ノ


片頭痛ってやっかいですよね

僕の場合はどちらかの目の奥の方が、ズキズキズキと脈打つように痛みます。

頭の中に囚われた小人が、トンカチで頭蓋骨を内側から破壊しようとでもしているのかと、妙な想像までしてしまいます。


たまに襲い来る片頭痛に、まだ慣れていなかった頃は、

本気で救急車を呼ぼうとして、でも電話までたどり着けずに、蹲り、ひたすら痛みに耐えていました。

今となっては専用の薬も常備してあり、痛みは押さえられているのですが、


厄介なのが閃輝暗点!
何かの技ではありません(笑)


片頭痛の前兆現象で、歴とした病名です。

視覚に起きる障害で、

まず視野にキラキラした点が現れて、物が歪んで見えるようになります。

無数の小さな歯車のようなキラキラは、みるみるドーナツ状に広がっていき、

視野の大部分が万華鏡のようなプリズムで塞がれてしまうのです。


視界の大部分を塞がれてしまうと、頭は痛いし吐き気はするしで、もう寝込んでいるしかありません。

実に迷惑な症状ですね。ヽ( `Д´)ノ



さて、片頭痛の流れで、


『芥川龍之介』の『河童・或阿呆の一生』という短編集の最後に収録されている

河童・或阿呆の一生 (新潮文庫)河童・或阿呆の一生 (新潮文庫)
(1968/12)
芥川 龍之介

商品詳細を見る


『歯車』という短編を紹介します。

この本に収録されている諸作品はどれも晩年の作品で、

歯車は彼の死後に発表されました。

タイトルにもなっている歯車を、龍之介は激しい頭痛とともに目にしたと記述されていて、閃輝暗点ではないかと言われています。

どこか病的で鬼気迫るような戦慄があり、実に胸に来る作品です。

一読の価値あり……、とは言いません。

何度でも読み返してみる、みたい作品です。

夏の夜の……

カーテンの向こう。
ベッドの下。
タンスの隙間。
誰かが見ている気がする。
何かがいるような感じがする。
そんなことって、ありませんか?



どうも、中貝です。
通勤しながら稲川淳二の怪談CDを聞いています。
寝る前も聞いています。
とっても怖いんですけど、妙に落ち着くんですよね。
あの独特な語り口調と世界観がそうさせるのかもしれません。

今度は夜中にでも聞いてみようと思います。

巻き気味


 どもです永史です。


 永史としてはモテる男性、というのは顔以上にコミュニケーション能力に長けた人がそうなんじゃねえかと日々思うわけで。

 街中で時折見かける美女と野獣カップル(具体的に言うと毒を吐きそうなので割愛)は、きっと男側がそういう人らなんじゃないかと思ったり。

 もしくは金持ってるか、〇〇〇が〇〇で●●●●だからか。

 〇の中身はそれぞれ自由にお考えくだせい。























 まあコミュ能力の無い永史には無縁な話だけど。

突然の・・・

どうもっ!!!








ぎーちゃんですよ(゚Д゚)


そろそろローテーションになれてきたころかと思います('ω`)


タイトルはそこまで意味ないです(・ω・`)



いきなり雷なって、雨降って、ぬれちゃった感じです。


水もしたたるいいなんちゃらです(`・ω´・ ●)!!




ということで濡れたらいい男になるみたいです。


あれ?これって女限定かな?


ここだけイケメンっていうことにいておいてください(。=ω=)


そういえばイケメンだけど、彼女がいないっていう話が以前あったんですけど、


たしかにかっこいいだけじゃなく。+αが必要なんだと思います。



たとえば、


面白いとか、面白いとか、……面白いとか?




ほかに出てこないのが悲しい限りですけれども(・ω・`)



イケメンだけでは絵にならないみたいです。


何かそれと違うギャップ的な?テキーラ?セニョリータ?







どうもアホです(゚Д゚)








ぎーちゃんも早くリア充?の一員になれるよう日々努力します。



まずは!私生活から見直しかな('ω`)










↓ぎーちゃんに新しい一面が増えるボタン

久しぶりの休み('ω`)

どうもっ!!!










やっと今日はゆっくりできた日になったような気がします。


東京から帰ってきましたヽ(゚∀゚ )ノ


お土産も適度に配布して。


久しぶりの休みは、家でゆっくり…。





家にテレビがあるんですけど、


なかなか見る機会がなくて、ほとんどテレビばかり。


パソコンかってから、完全にテレビ離れしてます(・ω・`)


こりゃあかん!ってことで、久しぶりにみてみたんですけど、


世界水泳があってたんですね(゚Д゚)


完全に情報が遅れてるぎーちゃんでございます( ・x・)





日本はメダルから遠のいてるっていう話を、


とある方がインタビューのときに話してたんですけれども、


完全に監督目線みたいな感じでしたね。


日本は俺がしょってるみたいな。





その方は今回出場したみたいですね。





結果日本は、4位。






強い気持ちがあるのは大事ですね。


結果はどうであれ?(。=ω=)





あらためてテレビやニュースをみてて、


面白いなぁと思いました。


完全にバラエティとか見なくなってしまいました。


ニュースとか、ドキュメントのほうが突っ込みどころがあって、


いろんな意味で楽しめたり。


見方の問題ですね(。=ω=)






↓休みの日に引きこもるぎーちゃんに喝をいれるボタン

プロフィール

ぎいーちゃん

Author:ぎいーちゃん
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。